霊感が強い、憑依体質を根本から改善するために行う5つの方法

未分類

霊障に苦しむ人の中には霊感が強い人、憑依体質の人が多い傾向があります。

このような霊障を受けやすい体質は先天的に生まれ持つ場合と、後天的に何かしらの「きっかけ」で発現してしまう場合の二種類に区別できます。双方に様々な違いはありますが、共通して根治させなければ継続的に霊現象にあってしまうのです。

今回は霊感が強い、憑依体質という悩みを抱える人のために一時凌ぎではなく、根本的な改善を行う方法を解説いたします。

霊感が強い、憑依体質など 霊障を受けやすい特異体質とは

霊感が強い、憑依体質(霊媒体質)の根治を目指すためには最初に自身が持つ特異な体質について一定の理解をしなければいけません。

先天的に強い霊感や霊媒体質を持っている人は経験的に理解をしていますが、多くの人は霊感が強い、憑依体質ということを感覚的に理解しているため本質的な理解が伴っていな場合が多いです。
故に、自身が「当事者」になってしまったときに変化に気づくことができません。

経験的な理解による慣れも、感覚的な理解による発覚の遅延も大きな危険があります。

だからこそ、今一度「霊感が強い・憑依体質」ということの本質について理解をしなければいけないのです。

霊感が強い、強くなってしまう影響と原因について

現代において霊感というものは俗語に近い言葉になり、異文化が混沌とした日本では特に広義の言葉として用いられます。

このような、輪郭の見えにくい言葉が多くの人の理解を曖昧にしているのです。
ですので、今回は【竜胆会】としての霊感の定義をもとに解説を行なっていきます。

霊感とは書いて字の通り、人間の持つ感覚の一種です。厳密に表現するならば、第六感の中にある霊的感覚を司る受容体ということができます。他の感覚に置き換えて表現するならば、味覚の中にある甘味を司る味蕾と同義なのです。

では、霊感が強いとどのような影響が出るのでしょうか。

これも、味覚で表現するならば「味覚の優れる人がソムリエや料理人になる」こともあれば「味覚過敏によって食事をすることが苦痛になる」という二面性があるように、霊感でも同じことが言えます。

例えば、霊媒師や霊能力者、諸術師などの職種の人は霊感を含めた第六感が非常に発達しているのです。対して、霊障を受けやすい人も霊感が非常に発達していると言えます。これらの、双方における影響の良し悪しは当人の持つ才能や血統、原因に依存するのです。

才能や血統は感覚を最大限発揮できる基盤を表します。

1秒間を一般人の10倍に感じるという漫画などで良く用いられる表現で、一瞬に複雑な思考と行動を行うものがありますが、そこには基盤となる「思考能力」と「運動能力」がなければ感覚は機能するだけなのです。

つまり、人の10倍の感度を持っていたとしても、活用する能力がなければ「感じるだけ」なのです。

1時間分の行動しかできないが、感覚としては10時間に感じるということは「面白くない退屈な映画や話が長時間に感じる」ように大きな苦痛になります。同様に、霊感も感覚の高さが悪い方向へと出てしまい、裏目に出ることがあるのです。

また、霊感が強くなった原因が「霊障によって覚醒させられた」という逆の流れを持つ人は多くの場合に悪い影響を受ける傾向を持っています。

霊感が強い、憑依体質の悪影響とは? 霊障の頻発

前述の通り、霊感の全てが悪影響になるというわけではありません。例えば、イタコが霊を意図的に降ろすことや、チャネリングによる高次元との交信も霊感や霊媒体質に依存しているのです。

では、最初に霊感と霊媒体質の違いと特徴について解説します。

霊感をわかりやすく表すならば「受け取ることのできる周波数の幅」になります。霊魂というものには特有の波があり、生者と死者の霊魂にはそれぞれ違う波長を持つのです。

霊感はその周波数を感知できる範囲を示し、霊感が高くなるほど死者の霊や高次元の存在の波長を受け取ることができるようになります。例えば、聴覚過敏の人が一般人には感じることのできない音の波長を感じるように、霊感の強い人は感じることのできる周波数の幅が大きくなるのです。

霊感がアンテナであれば、霊媒体質はラジオというように表現することができます。

アンテナによって集めた電波を受け入れる媒体がラジオであり、構造の強いラジオほど特定のチャンネルに合わせて受け取るなど意識的な操作が可能です。

霊媒体質では0か100という面が強くなり、自分で調節が「可能」か「不可能」かという二種に分かれ、中間はありません。100の人は任意の周波数の霊魂を意識的に憑依させることができますが、0の人は電波ジャックに近い形で自分のチャンネルを乗っ取られてしまうのです。

霊感と霊媒体質は必ずしもイコールの関係ではありません。

例えば、霊感は強いが抵抗ができる人もいれば、霊感は全くないが夢遊病などで無意識に体を乗っ取られる人もいますが、どちらも人体には毒となります。

霊感が強いと生者以外の動きを受け取れるようになり、霊にとっては取り憑くのに好条件の人間です。また、霊媒体質の人間でも0の人間は憑依の対象として好条件であると言えます。

これらの霊にとっての好条件が片方でも揃ってしまえば、霊障の頻発や長期継続につながるのです。

先天的な霊感と後天的な霊感とは 霊感を覚醒させられる危険

霊感には先天的なものと後天的なものがありますが、後天的で霊によって覚醒させられた霊感はとても危険であると言えます。

霊は霊障を発生させるためにエネルギーを用いるのですが、霊感の強い人間の方が弱い力でも影響を与えられるので効率よく相手の生命力を奪うことが可能です。しかし、霊感が特出して強い人間は少ないために悪霊などの強力な霊は相手の霊感を無理やり覚醒させることがあります。

方法としては、主に相手の恐怖心や不安などマイナスの感情を徐々に増長させ、魂の波長が陰の属性に極限に近づいた時に強力な波長をぶつけるというものです。

少し難しいかもしれませんが、自身と極限に近い場所まで霊魂を導いたタイミングで強制的に、一瞬でも完全に周波数を一致させることで相手の感じることのできる幅を増幅させます。
一度、でも体感させれば心身に記憶として刻まれ、覚醒するのです。

似た技術として、呪術師や霊能力者が弟子に術を伝授する際に直接、体内に気を流し込むことがあります。

このような特定な目的を持って覚醒された感覚は他の感覚と全く異質なのです。目的のために覚醒された感覚には同時に「目的」も刻まれてしまいます。

そのため、霊によって覚醒された霊感は謂わば「霊障専用」に調節された霊感であり、危険性がとても高くなります。

ですので、後天的に霊感が覚醒した人は覚醒の経緯を一度考えて見ることをお勧めします。

霊感が強い、憑依体質を根本から改善するために行う5つの方法

最後に霊感が強い、憑依体質という悩みを根治する方法を解説します。

①自身の霊魂の波長の調整する

霊魂の波長を調整することで霊感を下げることができます。

具体的な方法としては意識を生者の世界、つまり、現実世界に意識を向けることです。例えば、趣味に熱中することや友人などと過ごす時間を増やすなど、現世に対する気持ちを高めます。

これをするだけでも霊魂の波長は生者の本来のものに戻り、霊感の低下が可能です。。

②霊の波動を受けないように防御する

霊からの波動があるとどうしても霊感は敏感になってしまいます。

①を踏まえた上で、改善中に邪魔をされないような措置も必要です。簡単なものでは盛り塩などがありますが、守護の結界などを作ることで霊の波動を防ぐことができます。

また、単純に「意識しない」「無視する」「忘れる」ということも十分に防御になります。

③憑依の入り口を塞ぐ

霊は人に憑依する際に魂の隙間を入り口として侵入してきますので、入り口を防ぐことが重要になります。

憑依の入り口は人によって異なり、鑑定を行うまでは明確に示すことができないのです。しかし、一番簡単に「心の隙間」がそのまま入り口になるといえます。ですので、霊が付け入る隙を与えないように仲の良い人物や専門家などに相談することをお勧めします。

個人によって心の隙間は異なります。自身の中で一度、自分の弱い部分を認め、容認することで余裕を持って心の隙間を塞ぐことができます。

きつく固まった心には隙間が発生します。ゆとりと余裕を与え、心を満たすことで隙間を消すことが重要です。

④最も簡単な方法 笑顔

最後に霊感、憑依体質改善の最も簡単な方法は陽の気を発生させるということです。

笑顔になることで人は多くの陽の気を発生させることができます。また、その気は周囲の人物にも波及して循環することで相乗効果として霊感の低下、憑依体質の改善が可能です。自身の霊魂を健全な状態に保つために笑顔は一番効果的かつ、簡単な方法と言えます。

しかし、注意として空元気や無理に笑顔になることは逆効果なので、自然に小さな幸福を発見して、喜べるようになることが大切です。

さいごに 霊感を伸ばす危険性 取り返しがつかなくなる前に

今回は霊感と憑依体質の改善方法について解説を行いました。

霊感や憑依体質に悩む人が多い中で、自ら覚醒させようとする人や成長をさせようとする人もいます。
しかし、それはとても危険な行為です。

今回解説したように感覚=能力ではりません。感覚は意図的にある程度は伸ばすことができますが、能力はポテンシャルに依存するため個人で伸ばすことは不可能です。

感覚だけが成長した人は、人が一瞬で感じる情報量の数十倍の情報が脳内に流れ込みますが、処理能力がないためにショートしてしまい廃人と化します。また、憑依を何度も行っていると「慣れ」た頃に体が乗っ取られてしまうこともあるのです。

廃人化、体の主導権を奪われるともう取り返しはつかないです。そうなる前に、霊感や憑依体質を根本から改善させてください。

竜胆会からのおしらせ

当団体のトップページには霊障自己診断ファイルを掲載しておりますので、霊障にあっているかもしれないという方は是非、参考にしてみてください。

当記事をお読みくださりありがとうございます。記事の内容に関して疑問な点や不安のある方や霊障に現在も悩んでいるという方は無料で相談を受け付けておりますので、無料相談フォームよりご相談ください。

【霊障を完全防御・結界内部を完全浄化する守護結界アイテム】

竜胆会が監修する守護結界アイテム「黒曜宝珠  天狐明鏡」はあらゆる霊障、厄災に完全対応した唯一にして最高峰の厄除け御守りです。

持ち主のオーラとアイテムを調律することで、非常に強力な霊障や生霊であっても、完全に防ぐことが可能となります。また、既に災いにあっている方でも結界は内部を浄化するため、運気回復もできる二重の力を宿しています

未分類
遠隔除霊専門 結界冥術 竜胆会